アップル株式会社 ピタットハウス保谷店
10:00~18:00
毎週水曜日、第2・4火曜日
2020年01月29日
不動産情報!!身の回りの不動産情報をお伝えします。

資産組み換えという選択肢

【複数の不動産をお持ちの方にご検討いただきたい「資産の組み換え」について】

資産組み換えという言葉をご存知でしょうか?

マイホームも含め所有している不動産や金融資産を見直し、その組み合わせを変えることです。

不動産の有効活用による収益改善や相続対策を目的として行われます。

 つまり、「価値を生まない不動産を価値を生む不動産に買い換える」ということです。

【資産組み換え よくあるパターン】

不動産は大きく、「収益性の高い不動産」と「収益性の低い不動産」に分けられます。資産の組み換えは、収益性の低い不動産を処分して

収益性の高い不動産を手に入れるのが基本的な考え方になります。具体的には下記のようなケースがあります。

①面積が狭い・形が悪い・駅から遠い土地や、固定資産税だけを払っている遊休地を売却して、より収益性の高い他の不動産に買い換える。

②空室が続いている投資用マンションを売却し、利回りの高い物件に乗り換える。

【ケーススタディ】

※活用できる税制の特例についてはケースによって異なりますので、事前に税理士にご確認下さい。

生まれ故郷の土地を相続している方は多いと思いますが、地元を離れた人にとっては、土地が財産にはならない現状もあります。自分の世代だけでなく、次の世代にも負担にならないような財産にしておくことが大切です。借り手のつかない(貸せない)不動産は、家賃収入はなく、固定資産税や修繕で維持費がかかります。この負担をご自身の代でお金を生む資産に換え、未来を考えた資産形成しておくことが、相続後のトラブル回避にも繋がります。

arrow_upward