アップル株式会社 ピタットハウス保谷店
10:00~18:00
毎週水曜日、第2・4火曜日
2021年07月10日
スタッフブログ

パビリオン・トウキョウ2021

 「パビリオン・トウキョウ2021」は、東京2020大会のメインスタジアムとなる新国立競技場を中心とする9つの場所に、世界各地で活躍する日本人建築家やアーティストが設計したパビリオン(期間限定で展示される建築オブジェ)を展開し、自由で新しい都市風景を提案するプロジェクトです。

 それぞれのパビリオンには、制作者たちによる東京の未来への願いが込められています。今回は、ラインナップの一部をご紹介します。


 まず、建築家の藤森照信さんによる「茶室『五ご 庵あん』」。日本の伝統的な建築材料である「焼杉」を壁に使用した自然と調和した外見で、中は栗のテーブルがあり、着席して楽しむ茶室になっています。小さな入り口をくぐり抜けて2階にある茶室に上がると、視界が開け、新国立競技場が目の前に現れます。夜になって明かりがともると、まるで大きな灯籠のようにも見える、独創的なパビリオンです。

 妹島和世さんによる「水すい明めい」は浜離宮恩賜庭園を舞台に、幅80cm、全長168mほどの細い水路で曲きょく水すい(庭園の川)を表現します。曲水の流れは遠くからは留まっているように、近くからは静かに流れているように見えます。この他、藤本壮介さんの「Cloud pavilion(雲のパビリオン)」や、草間彌生さん、石上純也さんなど、個性あふれるクリエイターたちのそれぞれのパビリオンが、会期中都内各所で楽しめます。


 新国立競技場の周辺に出現する不思議なパビリオン。地図を片手に宝探しのように、あるいは散歩の傍らに各会場を巡り、ぜひお気に入りの作品を探してください。

※会場、期間等詳細はHPで。

お問い合わせ 生活文化局文化振興部 ☎03-5320-4232
https://tokyotokyofestival.jp/

この記事を書いた人
渡辺 恵美 ワタナベ エミ
渡辺 恵美
とにかく一生懸命お客様目線でお話しアドバイスします。元気に明るく、前向きに♪お客様の立場になってお部屋探しをします!女性目線で丁寧にご説明いたします。『お客様や物件との出会いを大切に!』をモットーに
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward